Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

金沢文庫に 引っ越しした。

先月初め、突然ですが金沢文庫に部屋を借りて引っ越ししました!

まぁ、このたびは日本で待機が長くなりそうなので このまま居候生活を続けて良いものか?と多少は思い煩っていたものの 何処かに部屋を借りてしまったら旅に出かける時に無駄に家賃を払わなければならないし、

せっかく手に入れた 住所不定の身分を捨てるのも  風の民から地の民への下落、

常識人からすれば 地に足をつけた生活!でも踏ん切りが、、、

勿論 居候生活はそれなりに遠慮もあるし 自由も制約される 

私の名誉のために 明言しておきますが 友達のところでも兄弟のうちでも タダで居候していたわけではない、それなりの家賃や食費は支払っていました。

そんなこんなで 暇な夜などネットで神奈川のマンション相場を見たりしてたら、どんどん不動産情報が届くようになり、ある日気になる物件を見つけたのです。

最寄り駅の名前が「海の公園南口」!なんか良くない?

それにグーグルマップで確認したら海から本当に近い。ネットで休みの日に内見予約を入れて不動産屋に行った。

部屋を見て 悪くはないけど想定予算よりも少し高くとりあえずは見ただけという感じだった、見終わって不動産屋の営業マンと事務所に戻って営業トークの相手をするのも嫌だったので この周辺をちょっと歩いて回りますと言って別れ、海の公園まで歩くことにした。

3分もしたら、幹線道路に出て渡った所が公園駐車場、そこからが公園で松林を抜けると砂浜に出た、海の公園は湾になった砂浜に沿った公園でサーファーの為のサーフボード預かり所や海水浴客の為のレスキューの詰め所なんかがある

海岸の向かいには八景島が見える。

f:id:michimichi141:20180919232024j:image

そのまま歩き続けて砂浜を横断し、橋を渡って八景島まで歩いてしまい、シーパラダイスも突き抜けて東側端のあまり人が訪れないところまで行って海を眺めながら座り込んでいると後ろから松の香りのする風が吹いてきて

風に吹かれながら 肺が軽くなって 息をするのが楽になっている感じがした。

暫く風に吹かれて ここの地域に住もうと決めた。

f:id:michimichi141:20180919232050j:image

end

 

 

 

 

シニアの仲間入り

先月、誕生日だった。

いわゆる前期高齢者というくくりの中に入ってしまった、こっ !この私が高齢者?と改めて問い返してみた   ま、思い違いなんて事は無いのだけれど、実感は無かった、

 

先日、イギリスから子連れで一時帰国している友人と会うため品川水族館へ、入り口で65歳以上の人のシニア割引 多少の躊躇があったものの 運転免許証を見せて 初めての小さな恩恵を得る。

残念なことにこの日はイルカの出産があったらしく 子供に見せたかったイルカのショーは中止という事だった。

 

そして昨日!

大学の時の同級生の個展があり 同級生どおし示し合わせてプチクラス会が開催され 出席をしてほぼ40年ぶりに会ったクラスメートはそれぞれ面影はあるけどやっぱり経年変化は隠しようもなく

ザ 高齢者!

自分のことは見えてなかっただけで客観的には私も立派な高齢者なのだろうとやっと自覚した。

 

しか〜し

往生際悪くても 歳の事など忘れて これからも 阿保な フーテン続けていこうと思い直した次第。

f:id:michimichi141:20180728222238j:image

 

 

 

 

 

 

放浪中断中

3月に日本に帰って来てから、歯の根本治療の為(大学病院のかみ合わせ外来に通院 これがなかなか遅々として進まない)

暫く日本に滞在することになり 四月から地域のコミュニティーセンターでやってる英会話教室に通っています。

今日、教室が終ってから玄関前で同じクラスの方々と立ち話に参加して、つい流れでブログをやっていることを話してしまい 検索してみるとのメンバーの言葉!

ここんとこ ブログの更新してないしと思いつつ改めて50日間更新してないことを確認 

とりあえず新規に見に来てくださる方に 簡単な自己紹介とこれまでの 放浪ハイライトをまとめてみようと思った次第です。

私は2014年の夏の終わりに 乳がん発覚

 その後とりあえず 癌治療はうまくいって いったん仕事に戻ったものの 夫が経営する小さな会社にいると超忙しくストレス満載な日々、こんなことをやっていたのでは癌になるべくしてなったし 又 再発して神様からもらった命を無駄にしたくはないとの思いが高じ とうとう2016年3月に衝撃の家出。

それからは 奇特な友人の家に居候したり 海外にゆっくり滞在したりきままに過ごしてきました 。

 

ま、 お金がじゃぶじゃぶあるわけではないので貧乏旅行ですが時間はあり そして急がない旅の豊かさは享受していると感じられる旅です。

家出をしてから 「今晩泊めて!」から二か月も大学の時の友人のマンションに居候し、

そのあとパリにある友人のアパートでしばらく暮らし

 

www.vagabonde.site

 途中パリからベルギー、オランダにも列車の旅

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 パリでもあちこち ウロチョロしましたが パリから日帰り旅行はまた別の機会に総集してみます。

 

フランスから戻って友達のところにヒンシュクを買いつつ

またまた居候して 寒い時期は温かい所で過ごそうと(中期滞在するためにはビザが必要なのでスチューデントビザを取って フィジーで12月から3月まで滞在しました。

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 

 

www.vagabonde.site

 ざっくりこんな感じでうろうろ旅はいったん中断

でも 治療の途中でもちょろっと出かけるかも しれません。

 

他のブログも サイドバーの 最新記事とあるところをクリックすると過去記事のラインアップが出てきますので ぜひ読んでみてください。

ガルニエ宮

フェイスブックによると 2年前の今日は

パリのガルニエ宮に行っていた。

オペラ座と言った方が一般的だけれどパリには他にもオペラ座はある、しかし普通にオペラ座と言って思い浮かべる建物がガルニエ宮=オペラ座でその前にはいつも観光客が沢山いる、でも大抵はオペラ座の前で写真を撮るだけで中を見学する人達はそんなに多くない、

そう言う私も長いこと オペラ座の前を通るだけで、中を見るのは オペラを観に行くハイソな人と金持ち観光客だと思い込んでいた

それが二年前

三カ月間 パリに滞在することになり 九州の兄夫婦が便乗してパリにやってきたので 改めて観光ポイントを精査してプランをたて オペラ座の中を見学出来る事を認識して( また、世界の観光地で行って観て良かったところベスト50という本でリストに上がっていたので) ガルニエ宮見学を日程に入れた。

 

f:id:michimichi141:20180523215733j:image

正面玄関から入ったところの階段ホールです
f:id:michimichi141:20180523215839j:image
f:id:michimichi141:20180523215827j:image

二階  劇場の前の部屋
f:id:michimichi141:20180523215757j:image
f:id:michimichi141:20180523215905j:image
f:id:michimichi141:20180523215921j:image
f:id:michimichi141:20180523215851j:image
f:id:michimichi141:20180523215814j:image

バルコニー部分
f:id:michimichi141:20180523215936j:image

通路
f:id:michimichi141:20180523215744j:image

地下階段

 

見学口は大きな建物の裏側に目立たない感じであり 見学者が増えることを望んでいない事が理解できた。

劇場は 公演の稽古があるときは劇場内の見学が出来ず、あいにく私達が見学した時にはバレエの通し稽古をしていたので 中は見れなかった

なので劇場の天井のシャガールの絵も見れなかったが 代わりに桟敷席からバレエの通し稽古を見る事が出来、それはそれで得した気分だった。

 

ガルニエ宮内部は豪華で煌びやかではあるけれど それにもまして重厚な建物で圧巻、流石だった。

 

抽選にもれた〜😭

横浜美術館で今NUDE展をやっていて

関連ワークショップで

ロダンの接吻をデッサンしよう!

という企画があり こんなチャンスはそうそうないと思い応募していた、

f:id:michimichi141:20180515093643j:image

申し込みをしてから デッサンをしていたのは高校生の時 美大受験の前と美大に入ってからの一年生の時以来。

考えてみると四十年も前の事、それにテーブルの上に乗るほどの石膏像や静物デッサンくらい、ロダンの大理石の本物の重量感や質感を描けるのかしら?とか やって来るメンバーはどんなツワモノ?など 思い煩うほどでは無いものの 暇な時には考えたりしていた。

一昨日デッサンに使う練りゴムなど買いに横浜まで出たものの、?多分応募者多数で抽選になるから 参加出来ると確実になってからの方がいいかな と思い 買うのを、やめた。

次の日、残念メールが!

う〜っ!

残念!

残念!

残念!

練りゴム買わずに得したなんて ちっちゃな事では 引き換えにならない!

 

きっと 今回使わなかった運が もっと後でいい事に生きると 信じよう!