Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

東京のど真ん中で見つけた穴場

先日 二年ほどしか使ってないパソコンを買い替え、

日本に一時帰国している友達が パソコンを持ち帰っていないので 調べ物をするのにやっぱりスマホだと不便 と言っていたので スペックは低いものの 検索する程度なら何の問題もないので 使わなくなったパソコンを彼女にあげました、

そのお礼をしたいと食事に誘ってくれて 御成門の近くの高層ビル47階の和食レストランでちょっと豪華な松花堂弁当を御馳走になりました。

見晴らしのいい大きな窓からぐるっと遠くを見渡し下をのぞくと 隣の高層ビルとの間に 寺社の屋根らしきものが 緑に取り囲まれるようにあり

、ゆっくりと食事を済ませた後で 入れないかもしれないけれどあのお寺さんに行ってみようということになり 歩いて正面に回ってみると立派な山門があって 幸いにも 門は閉じていませんでした、階段を上がると 普通 山門に一体づつ左右にある仁王像が二体づつ 計四体のお出迎えでした 境内に入ると 大きな青紅葉が陽を浴びて緑を輝かせていて ここが本当に東京のど真ん中なのかと思うくらい静かで人もいない、そしてどこからともなく水の流れる音がしていました。

f:id:michimichi141:20190512161800j:image

 鐘楼を見ようと左に折れて進んでいくと途中交差する石畳の小道の下から水の音が聞こえます 暗渠になっていて石畳の下を水が流れているらしい、本堂に進む道にも横切るように水路はあって透き通ってきれいな水が勢いよく流れていました、そして本堂に向かって左側にお堂(禅堂でしょうか?)がありその向こうの石垣に勢いよく水をはいている龍が見えました、

f:id:michimichi141:20190515224930j:image

お堂わきの水路伝いに龍のほうに向かうと水の音は大きくなりシャーシャーと吹き出す音に加えてぼこぼこ、ゴトゴト複雑な音?

龍の傍に近づけば音の正体判明 龍の傍に湧き水がありその勢いが強くて湧き出してくる水の音のボコボコと 水勢に動かされている水中の漬物石ほどもある大きさの石がぶつかり合ってゴトゴト音を立てていました 確かにすぐ近くに愛宕山がありますがそれにしても山と名付けるには小さいし低い、しつこいけれどここは東京のど真ん中!

f:id:michimichi141:20190512162019j:image

ちょっとした穴場発見 

ひとには教えたくないという気はするけれど私のブログを読んでいる人の数など微々たるものだしわざわざ行くかといえば 否 なので書きます 『青松寺』です 愛宕山の旧NHKを見学に行くか東京タワーで何かイベントがあって行くか何かのついでに時間が余ったら足を踏みいれて一息つくのもいいかもしれません。

青松寺を見た後 ぶらぶら歩いていたらプリンスホテルでアンティークフェアをやっていたので夕方までそこで時間をつぶしてしまい、その日 成田のホテルに移動して翌朝の飛行機でイタリアに戻るという友と別れました。

高層階からの東京の眺めとその足元にあったお寺の静寂な風景 そして洋の東西いり混じっての骨董品屋さんが集まったイベント

視覚の非日常がたくさん詰まった一日でした。

f:id:michimichi141:20190512162047j:image

平成から令和へ、

改元に伴う10連休はさしたる予定も立てず と言うより いつでも時間は取れるのだから 好き好んで雑踏の中に出かける気にはなれず、

平成最後の日は午前中毎週行っているいるヨガのクラスに出かけ、 隣の図書館で本を借り、

午後はちょっとした雑用を済ませ テレビをつけても何日も前から皇室関係や平成30年間を振り返るというような番組ばかりで食傷気味、借りてきた本を読んでいるうち夜になり、

令和を迎える瞬間まで起きていようかとも思ったけれども読んでいた本が少々退屈で 目も疲れてしまい ま、いっか と寝てしまい 

いつもと変わりない目覚めで令和を迎えました。

皆様はいかがでしたか?

いずれにせよ 区切りであるのなら 大きな事件や事故 災害のない日々が送れることを祈ります。

f:id:michimichi141:20190501112108j:image

野島公園・旧伊藤博文金沢別邸 散歩

歩くには本当に気持ちの良い季節になった。

今日は 一駅先の野島公園に出かけた、

野島はかつてはもう少し陸地から離れていたのだろうけれど 陸地側から埋め立て そして島側からも埋め立てて 川のように幅の狭い直線の海で隔てられている小島で 伊藤博文の別荘が残っている、そして今の時期牡丹が庭にたくさんあって多分見ごろなので 花を見ようと出かけたのだけれど

橋を渡って歩いていると島の小さな芝生の上や松林の中などおびただしいテントやピクニックシートが占拠していて 

f:id:michimichi141:20190422215716j:image

海には潮干狩りをしている人、人、人、

f:id:michimichi141:20190422215735j:image

伊藤博文の別荘は ~邸とか~館とよぶには あまりに質素な建物で以前は対岸に見える八景島の景色が贅沢な眺めだったのかもしれない、漁村があるだけの小さな島なので交通の便も悪いし明治時代には海を渡ってやってくる煩わしさや危険から守られた場所だったのだろうと推測できる。

f:id:michimichi141:20190422215806j:image

藁ぶき屋根がこじんまりとしてかわいい

f:id:michimichi141:20190422215829j:image

牡丹の花は種類によってまだ咲いていない株やもう盛りを過ぎてしまった株など全部を見られない、それでもやっぱり豪華な花で見入ってしまう。

f:id:michimichi141:20190422215859j:image

f:id:michimichi141:20190422215918j:image

野島に行くには 京急金沢八景駅からシーサイドラインで一駅の 野島公園入り口で下車すればすぐなのですが 金沢八景駅からでも大した距離ではないので 歩くことをお勧めします。

寒かった~

4月10日は一気に真冬に戻った気候で、運よくどこにも出かける約束がなかったので部屋から一歩も出ずに一日を 過ごした。

たまたま今週英語の宿題がたくさん出ていたので一気に全部済ませ、今月から通い始めたヨガ教室に持参する備品をアマゾンで探して購入し、

ボランティア活動のため二日前に見学に行った 老人施設のためのプレゼンについて考えたり資料を検索してみたりで 寒波のおかげで後回しにしてしまいそうな事を片付ける事が出来た。

f:id:michimichi141:20190411223339j:image

 

 

今年は桜を堪能できた

先月の27日にイタリアから帰国した友人とその友達の個展に出かけ そのあと上野の夜桜を見に足を延ばして ちょうどその日が東京の桜の満開日、翌日から気温がぐっと下がったりちょっと上がったりを続け満開の桜が長持ち、

一週間後 横浜の三渓園に行った時も満開、そして今日は統一地方選挙で近くの小学校の校庭の桜があふれんばかりに咲き誇りハラハラと散り始めていた。10日以上も満開を続けてくれた。サクラありがとう

f:id:michimichi141:20190407214758j:image

f:id:michimichi141:20190407214841j:image

上野の夜桜見物は随分前に行った事があったけど 以前に比べて見苦しくどんちゃん騒ぎをする人が減って 皆節度のある花見を楽しんでいるようだった。

f:id:michimichi141:20190407215328j:image

三渓園は絹貿易で財をなした原三溪が造った庭園で彼の美意識により保護移築された建築もある

f:id:michimichi141:20190407215836j:image

f:id:michimichi141:20190407215919j:image

中でも私の好きな小川の横にある小さな二階屋

f:id:michimichi141:20190407220255j:image

f:id:michimichi141:20190407220332j:image

f:id:michimichi141:20190407220412j:image

三渓園横浜駅からバスで30分くらいかかるのでちょっと不便ですが ゆっくり散策するにはおすすめの場所です。(あ、バスは1時間に1本ですが ブラリ三渓園バスと言うのがありそれだと15分くらいでいけるらしいです。)

f:id:michimichi141:20190407221218j:image