読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

留学準備

現地の学校に申し込んだりお金を支払ったり、なんだかんだ面倒は仕方ないけど  、

チョット嫌だったのは フィジーの学生ビザ取得条件、他の国では就労ビザなんかの場合は 厳しい条件がついてそれはその方がいいとは思うけど、フィジーの場合留学生にも警察の犯罪履歴証明書というのが必要で、それはパスポートや住民票を持って警視庁に行き、指紋採取されて(半端なく全指端から端まで丁寧に取られる、)で犯罪履歴とこれまでの犯罪者の指紋とを照合して犯罪履歴証明書が後日発行される。

なんだか不愉快だし、あと医療機関による健康診断書というのが必要でそのフォーマットには既往症、アルコール依存性とかHIVとか薬物依存性とかいろいろnoが必要で私の行った病院ではそんなことを証明出来ないと渋られた、 当たり前だ。

その上学生ビザは現地に着いた翌日から学校に通い始め 留学期間がおわったら翌日には飛行機に乗って出国しなければならない。留学したついでにその国を観光して回るなどゆるされないのだ!

例えば豊かな国に学生ビザで入国してそこに住み着いて不法労働する移民とかを想定しているのだったらフィジーより経済的に低い国の人々がフィジーに飛行機でやって来て 留学するだろうか?

何の為???、それにビザなしで入国できる観光客にもたった2週間という上限をつけている、馬鹿げているというか、ヨーロッパのバカンス客は1ヶ月単位で休暇を過ごしている、フィジーではそういう優雅な人々も排除してしまうつもりなのか?唯一 美しい海が観光資源でありそれ以外に主要な産業がないというのに。わざわざやって来てくれる観光客がフィジーに落とす金を頼りにしている割には 全く親切ではないし、結果国益を逃している制度だと思うんですが〜〜どうなんでしょう?