読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

フィジー/ホームスティの危惧

フィジーは 元々気候も良く、食べる物にも さして困らず、コミュニティのなかで共存共栄してきた長い歴史があり お互い様というか皆んながジャイアンという気質で所有に関しての考え方が違うらしい。

我々だったらそれって盗みじゃない?と思うことがひんぱんにあると聞いてはいたけど、

私のクラスメートがホストファミリーにお金を盗られた、それもポイ置きしていたのでなく、分からないように トランクの奥に入れて鍵をかけて置いたもので 、簡単な鍵だから開けようと思えば開けられる。

ひどい話だと日本から持ってきた生活費現金20万円盗られたと言う人もいるらしい、他のクラスメートもワイファイのパスワード盗まれて家族みんなで使っていたとか、食料を買って冷蔵庫に入れて置いたら食べられたとか、勝手にバックを開けられていたとか、どうも家の中の物は家族みんなで使って良いと思っているらしい。

昨日友達とラウトカにいって昼食を食べていた時も、普通のおじさんが5ドル貸してくれとせびってきた  乞食ではない

貸したら絶対に返ってこないからフィジー人には何でも貸さないようにとは 最初のオリエンテーションの時に言われていたけど 見ず知らずの人から言われたのには面食らった。

 

しかし私のクラスメートには もう一つ悪い話が続き、

彼は とてもこのホストファミリーと一緒に暮らすのは嫌だから ホストファミリーを変えて欲しいと学校のカウンセラーに申し入れたところ、

学校側は紹介したホストファミリーの盗みを認めず、

もし変更をしたいのなら

手数料30000円が必要と答えられたと言うことで、このカウンセラーは日本人です。

踏んだり 蹴ったりの話です。

f:id:michimichi141:20161213125603j:image