読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

13日の金曜日

朝、帰国する兄夫婦を見送りに空港まで行き、そこから今度滞在するホテルに移動して荷物を解いていて気がついた、2日前から見当たらないと思っていた物がやはりない!お気に入りのペンケースとサングラスケース、どちらもケースのなかは空ではない、特にサングラスケースのなかには普段の眼鏡がかわりに入れてあり学校には必需品、無いと困る!ペンケースの中には筆記具好きの私のお気に入りが沢山詰まっていた。

トホホ、船で移動の時に預けている間に抜かれたのだと思う、リュックの一番上に入れておいたから こそっと盗りやすかったのだと思う、

貴重品は身に付けて盗られないよう気をつけるが 何から何まで持ち運ぶことは出来ない、痛い。

昼過ぎ、旅行に持ち運ばなかった荷物のトランクを寮の友達に預けてあったので 受け取るために学校に出向いた、

久しぶりに会うクラスメートと あれこれ話していたり、カウンセリングルームで用事を済ませたりして 預けている友達と会うのを待ち、ようやく見つけて寮で荷物を受け取った。

彼女が荷物を下までおろすのを手伝ってくれ、寮の入り口のところで 他の友達ともばったり会い、入り口付近で年末年始のそれぞれの話でひと時盛り上がった、

そこに突然学校の職員が出て来て私達が日本語で喋っていたことを咎めた。

学校では日本語禁止だけど寮では日本語OKなのだ、私達は微妙に寮の入り口から外にいた、

職員は厳しい態度で「いらっしゃいイエローカードよ!」と職員室に連れて行きイエローカードの処理をして 始末書を書かされた、

イエローカードは三枚で退学になる厳しい処置で グレーゾーンで放課後しかも初めてなら注意するとか やり方があるだろう。

学校に関しての嫌な事は考えない様にしようとしていたのに、嫌悪感でいっぱいになりながら始末書を書いた (うすグレーで書かれた英文をなぞるたけの作業で)書いた意味も分からない。

こうやって容赦無く退学にする生徒がふえれば 学校丸儲けだ!

楽しくない日になった。

f:id:michimichi141:20170113170227j:image