読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

考えられない不備

 

一昨日から 通学圏内のホテルに引っ越した

ネットで探した一番安いホテルなので 少々不安もあり 年末に下見に来ていて 

その時は まあまあいい方だと思っていたのだけれど、、、

f:id:michimichi141:20170115203341j:image

f:id:michimichi141:20170115203401j:image

見ると住むのでは大違い!

初日 まずエアコンが ちっとも効かない 普通スイッチを入れると設定温度になるまでは動き続けるものだが そこの部屋では 動いたと思うとすぐに停止してしまう、しばらくしてまた動き出すが またすぐに停止してしまう そういうことをずーと続けていてそのうち快適になるかというとそうでもない、ま、いいかという程度だ。

そして その夜 部屋に二つあるまあるい蛍光灯をつけたら あんまり明るくないしなんでも血色悪く見える光でうら寂しい、で、寝ようとして光を消そうとしてあらまびっくり、ちゃんと消えない、切れかけた蛍光管が薄くじわじわ明かりがついて時々ぱっと一瞬つく感じ、じわじわパッ!を繰り返していて 到底寝れそうにないから だったらついている方がまだましと思って 蛍光灯点灯のまま寝た、到底熟睡などできない。

 

二日目、

夕方からは 昨夜と同じ状況だったけど 何度か停電を繰り返し、もっとちゃんとしたホテルだったら 自家発電が備わっているのだろうけど ない、電気がついていなくても予備の明かりを持ってくるなどという気の利いたサービスもない、

当然エアコンも消えているのでエアコンを消して 電気消えているうちに寝てしまおうと早寝を決め込んだ。

夜半過ぎ」停電が回復し、電気が????つかずに例のじわじわパッ状態になっている、スイッチのオンオフどちらにしてもその状態だ~

最悪寝るなということ?

今朝 一番で故障しているからと 修理をお願いしたが 夕方まで誰も来ず、部屋を変えてもらうことにした、部屋を変えると気楽にいうが4か月分の荷物を階下まで運び出しまた別の部屋でセッティングするのは一仕事だ、

おまけに今度の部屋ではトイレの水がずーっとチョロチョロ音を立てている!

なにやら不安

 f:id:michimichi141:20170116034240j:image

窓から見える景色

普通の住宅地です。