読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

海外で乗り間違えをしたら?総集編

ある日 歯医者さんで待ち時間に雑誌を見ていたらノルウエーで長距離の船に乗り間違えた(1日1本しかない船に逆方向に乗り間違えたという)顛末の話がありました、私も何度か列車などの乗り間違えや乗り換え間違いで泡をくった経験があります。


去年の6月 アントワープからアムステルダム行きの電車に乗り間違えた長い1日の物語


その日 早起きをして旧市街に出掛けて聖マリア大聖堂を見て(素晴らしい教会ですフランダースの犬に出てくるマリア像があります)

f:id:michimichi141:20170121054529j:image

f:id:michimichi141:20170121054723j:image
 
朝10時アントワープ発のインターシティーでアムステルダムに行くつもりでした、30分以上前に駅について地下4階のホームにで何度もアムステルダムいきのホームであることを確認して待っていました。普通ヨーロッパで始発の列車は30分くらい前にはホームに入ってきて客を乗せて時間が来たら(ぴったりの定時でなく)突然扉が閉じて走り出すというパターンが多いのですがなかなかホームに列車が現れず ちょっと心細く待っていたら10時7分前にホームに入ってきました、やれやれと乗り込み 長距離列車の割に随分シンプルだなぁ〜なんて思いながらシートに座った途端 何の前触れもなくドアが閉まって走り出した!!!え〜 6分前なんですけど〜、不安な気持ちで近くにいた少年少女の一団に
これってアムステルダム行きですよね?と聞いてみたら
” NO!”
どうしたらいい?という問いかけに喧々諤諤、〇〇まで行ってそこから乗り換えたらいいとか否それより〇〇でどうしろとか、結局のところアントワープまで戻って急行に乗った方が良いという事で次の駅で降りました、

f:id:michimichi141:20170121054921j:image

降りた駅は まったくの どマイナー駅で 無人で 反対側ホームに行く通路がない、線路を横切ろうかとも思いましたが もし反対側のホームに上がれなくてそこに電車が来たら?と思うとそうもできない (線路がちょっと掘り下げたような作りになっていてホームまでの高低差があったのです)

だいぶ離れた所に自動車道路の高架があり、そこに歩道橋があったのでとにかく反対側のホームに行って折り返しの電車に乗らないとと走って歩道橋までいって駆け登りそして逆方向ホームにたどり着いたのです。
息急き切ってホームにたどり着いたものの反対方向の電車はなかなかやって来ず 歩道橋を渡る頃から降り出した雨の中(ホームに天井はなく)時刻表も無ければ人もいない、随分経ってからようやく来た電車でアントワープに戻ったら10時40分でした。


もう一度駅1階で時刻表を確認して、11時にアムステルダム行きが 同じホームから出るのを見てから地下4階のホームで待ちました。

f:id:michimichi141:20170121164900j:image

今度は間違わないぞ〜〜やっぱり11時7、8分前に電車がやって来て乗らずにいたら、そのまま発車し、直後に立派な車両が入ってきた、これだこれだ〜と思いながらもこれはアムステルダムに行く列車ですか?と乗る人に尋ね、座ってからも隣の席の人に聞いて 列車は定刻通りに発車しました。
やれやれひと安心 駅で買ったパンをだして 食べながらのんびりアイフォンで音楽など聴いていたら改札の乗務員さんがやって来ました、

ゴソゴソ切符を取り出して見せたら

首をふって

「 貴方は間違っています」という、
いったい何の事???
「これはアムステルダムに行く列車でしょう?  」
「貴方は間違っています、会社が違います、この切符はインターシティーの切符です、この列車はタリスです!」
「えっ?どうすればいいのですか?」
「次の駅で降りて下さい! 次はロッテルダムなので 必ずロッテルダムで降りてください。」
えっえっえ〜〜!!!!
日本だと ない事ですがヨーロッパだと同じ線路に違う会社の運営する車両が走るのです、JRと小田急線や東急が同じ線路を走るという感じです。
なーんとアムステルダムにはたどり着けずロッテルダムで降りる事になりました。


トホホ〜!、でもこの日はもっとトホホの事が待っていたのです。

 
ま、ロッテルダムで待っていればそのうちインターシティの列車もくるとは思いましたが。
ロッテルダムで降りるようにと乗務員に言われた時に私の頭に閃いた考えがむくむく大きくなってしまいました。
それは オランダ行きを計画していた時に
キンデルダイクに行ってみた〜い!

そう思っていたのです 
そこは大湿原に風車が点在するオランダの世界遺産なのです。でもネットで調べても個人旅行だと車で行くしかないとか、ツアーで行った方が良いとか 一人で行く方法が分からなかったのです

グーグルマップで見て見ると近くに町はなく、一番近いのがロッテルダムだけど 結構離れている。うーむ無理かな?と諦めていたのてすが、ロッテルダムで降りてキンデルダイクに行けという神の啓示!と言えば大袈裟ですが
駅のインフォメーションで聞けばなんとかなるんじゃないか、やって見る価値はある!と思い駅を出ました。
インフォメーションで聞いたところ、駅前から路面電車で終点まで行ってそこからA線202番のウオーターバスに乗ってキンデルダイクまで行けるということで時刻表も渡してくれてかえりは4時03分のロッテルダム行きにのるようにと印を付けてくれました、私も決して英語が得意ではありませんが その案内の人の英語はかなり聞き取り辛く説明も手際が悪く、どうにかこうにか行き方を復唱確認している間に 4分どうしたこうした 気を付けて!と言われた言葉の意味が分からないまま 路面電車の乗り場を探しに歩き始めたのです。
駅前に沢山ある路面電車の乗り場の中から目的の乗り場を見つけて乗り込み、もしかしたら乗り遅れるかもとヒヤヒヤするほど電車はだらだら走る事30分どうやら終点に着き、そこから大きな運河にあるウォーターバスの乗り場にたどり着いたときはもう船が桟橋についていて人々が乗り込でいるところでした、あーよかった間に合ったー! 何しろ キンデルダイクに行く直行ウォーターバスは1日に行きが5本 帰りが4本しかないのです、

f:id:michimichi141:20170121055742j:image
快適に船は出航し私はロッテルダムの水辺の風景を楽しんでいたら 改札のおばさんがやってきました、切符を買おうとしたら  …
デジャブ! デジャブ! 
またもや乗り間違え〜〜
朝間違えたばかりなのに私って何故? どうしてこんなにバカなの〜?
そう ! 4分前の別のウォーターバスに乗ってしまったのです。


おばさんは よくあるのよね〜馬鹿ね〜という顔で  仕方ないからどこそこまで行ってそこから 渡しボートに乗れば良いと教えてくれました、
言われるままに その船着場で 渡し船を待っていたら ミニチュアのフェリーみたいなちっちゃな船が現れ、運転していたおじいさんに聞いたら 2番目に行くよ〜と答えたので乗り込み 、たしかに2番目の船着場にキンデルダイクと書いてあるのを確認してから船を降りました。
 
船着場には地図も何にもなかったけれど 土手に上がれば あちらだろうと わかる道が あり 、ズンズン歩いて行くと、 それらしいエントランスが見えてきました、入場料は 運河をボートで見て回るコースか 徒歩で見て回るコースか、徒歩の方は風車の中や資料館の入場も出来るが  ボートでは できないというような説明を受け 歩いて回る事にしました。
 
 f:id:michimichi141:20170121055916j:image
歩くと 広い! 広すぎる!

天気も悪かったので雲が空に低く垂れこめていて だだっ広い荒野に点々と風車がある風景は 何だか 殺風景で寒々しいものでした。
三基目の風車が中に入れるとの事だったので その方向へ 歩いて向かっていましたが、一つ一つが  結構 離れていて 入り口で見たコースを歩くのはちょっと無理かもと思っているところに 雨が降って来ました、急いで その中に入れるという3基目の風車まで行き 雨宿りに入ると 雨足はもっと強まりました。

 f:id:michimichi141:20170121060039j:image

風車の中は昔ながらの可愛いキッチンや 生活道具が並べられており、2階に上がると戸棚のような造りのベッドやリビングルームがあり、さらに上の階には 風車の動力を伝える木製の大きな歯車などを見る事ができ

f:id:michimichi141:20170121060134j:image

f:id:michimichi141:20170121060256j:image

f:id:michimichi141:20170121060335j:image

風車の中を見ているうちに、次から次へと雨宿りの人々が入ってきて 時間とともにすしづめ状態になって 湿度も高く息苦しくなってきました、しばらくは我慢して中にいましたが  体格のいい中高年の白人に囲まれていると 息苦しく とうとう耐えきれず外に出て 風車の側にある料金所みたいな小さな小屋の小屋根の下で雨宿りをする事にしました。
 f:id:michimichi141:20170121060506j:image
しかし、雨足は弱まってきたものの なかなか雨はやまず、小屋根の下では 同じく風車の中からはみ出てきた人達が、雨に歌えば  のメロディーを口ずさみはじめ小合唱が始まりました 私も小さく鼻歌で参加してのんびりとした気分になっていたのですが、

ふと見ると雨の中傘もささずに歩いて行く人がいる、、、 あ〜!船の時間が〜!
ギヤー帰りの船の時間が来るー
のんびりしている場合じゃない! 船着場まで結構あるぞ〜 走ったら途中で息がきれると思い早足で雨の中 来た道を帰り始めた、、、
この日 だめ押しの トホホがこの後 まっていたのです。
 

慌てて 船着場までの道を走る様に歩き、船着場に着いても誰も居ないのです! 
もう朝から続く自分の失敗に 頭の中がどんよりして この船着場で良いのか???
そうだ、私はウォーターバスでなくて渡しのボートでここについたのだから此処じゃないのかもしれない! と思った時にもう心がネガティヴな方にグワーンとかじとりされ 頭の中が不安と焦りで満タン状態です。
通りかかった自転車の少年に「此処にロッテルダム行きの船は来ますか」とたずねたら 反対側だという 反対側って言ったって橋なんかないしそんなバカな !

で あっちあっちというように右側を指差して いる、
少年は片言しか英語が話せないから あちらの方向へ行けばいいのと聞いたらそうだという感じにとにかく右側を指差している、

とにかく4時3分までにはもうそんなに時間がないから私は少年のいうことを信じて運河の右側沿いの道を急いで 別の船着場を探して歩き始めた、運河と言っても大湿地帯に流れるともなくある自然の大河なので直線ではなく ゆるくウネウネ曲がっていて 見通しがつかず、いったいどこに船着場があるのか見えない道を進むこと5、6分でどうやら船着場がありさっきのよりも大きい。
ちょうどフェリーが着いていてサイクリングツアーの人達が乗り込んでいるところだった、
これってロッテルダム行きですか?〜と たずねたら  NO!
そのあと サイクリングのメンバーでああでもないこうでもないと てんでに違う事を教えてくれていて誰の言ってる事が正しいのか?すると1人の男の人が みんなよく知らないんだ、僕らのツアーコンダクターに聞くと良いよ、 と言って 先頭にいた女性に大声で何やら言っていたが もう船に乗りかけていたその女の人は ハハハ〜 グッドラック!と答えて船の中に入ってしまった、
出航の時間なのだろう 皆  船に乗り込み、あちらへいけとさらに右側を指差している。
え、もっと右に船着き場があるのか?
何が何だかわからない 
右に向かって歩き始めたけど 考えてみたらもう ウォーターバスの時間は過ぎているし だんだん林の中に入ってきていて どうしよう? 船に乗れずここでどうすればいいのか??
どう考えてもこの先に船着き場がある雰囲気はない、
いざとなったら 林の中に家が点々とあるからそこで助けを頼もうそんなに事を考え とにかく誰かに聞くしかないとおもったものの 歩いている人などを全くいない。


ただでさえ雨が降って薄暗いのに林の中はさらに暗く もう 背後から急に何かが襲ってくるようなホラーな雰囲気満点、、、

そうだ誰かの家のベルを鳴らしてどうしたらいいかきいてみようと 林のなかの瀟洒な一戸建ての館のベルを鳴らした、中でベルの音はしているが 誰も出てこない、何度か鳴らしてみたけど出てこないので中を覗いてみた、郵便受けの穴から覗いてみると床に郵便物のようなものやリーフレットが沢山散らばっている  わ〜〜 住んでいない そういえば どこの家もこんなに薄暗いのに電気が付いていない!

はじめて気がついたけど そこは 別荘地で バカンス時期でも週末でもない時に誰も居ないのです!

それまで暗い林の中の道でも人家があると思っていたのでまだ怖くなかったのですが ゾーっと恐さが全身を走りました。
私がもっと若かったら泣き出していたかもしれません、
とにかく最初の船着場の所に帰ろう  もう 疲れ果てていたがそれでも小走りで 引き返しはじめた。
雨もどんどん降ってきて 小さな傘は持っていたものの雨は容赦なく振りつけ着ているものにも染み込んできた、
それに私は 一週間分の荷物をリュックに背負って朝から動き続けているから疲れ切っていてそれでも急いで移動しているのだからすごい形相だったことでしょう、でも誰1人すれ違う人もなく 最初の船着場に戻り 船の待合のための屋根があるベンチに倒れるように座り込んでしまいました。
どうしようこのまま夜になったら ? 世界遺産に行く道のそばに閉店しているレストランがあったから いざとなったらそこのドアを壊して中に入って過そうかしらん、などと考えていたところ 遠くからエンジン音が聞こえてきた!
な〜んとくる時に乗った渡のボートがやって来る!それもあのおじいさんのオンボロボートだ
嬉しくなってひっしで 手を振り もうどこ行きだろうが構わないこのままボートに乗り込んでやる〜 とにかく人間のいる場所までたどり着かないと!

船が船着場に着岸するやいなや 私はボートに乗り込もうとして桟橋で滑りこけそうになった、おじいさんが 手を差し伸べてくれてなんとか船に乗り込み すがるようにロッテルダムに帰りたいのだと言ったところ 大丈夫、大丈夫 ロッテルダム行きの船の着くところで降ろしてあげるから心配ない!とおじいさんの答!
日に焼けてヨレヨレのおじいさんだが天使に見えた 。


ロッテルダムからアムステルダムまで夜の列車で移動して タクシーが拾えなかったので徒歩で 予約してあったホテルにたどり着いた時はもう夜中の12時を回っていた。
当初の予定では昼過ぎにアムステルダムに着き 運河沿いのカフェでお昼を食べるつもりだったのにロッテルダムで降ろされることになった列車で食べたパンのあと 食事もせず トホホな1日で その日は夕食も食べれずに そのまま寝てしまったのです。


でも トホホであっても 一生忘れられない1日になったのは 朝の列車乗り間違えから 始まった事で それを失敗と思うか どうかは 人それぞれ 私はトホホでもすごくいい経験をしたと思っています。

f:id:michimichi141:20170121060646j:image
翌日は前の日の天気がうそのようなピーカンの美しいアムステルダムでした。