Bricoの放浪記

ガンを乗り越えて、ゆる〜〜く旅する生き方を選んだ 旅と免疫力アップの日々のブログ

5月1日は 友達の日

フランスでは5月1日に森や林に出かけて 鈴蘭の花を摘んで花束をつくり 友達の家を訪問して  鈴蘭の花束をプレゼントするという習慣があったらしい、今のフランスでその習わしが どれほど残っているのかは知らないけれど パリの蚤の市などで 古いポストカードを見ていると、1er Mai. Fete de l'amite と 書いてある鈴蘭の花の絵葉書をよく見かけるから かつては 出かけて逢いに行けない友達にポストカードで友情の証のたよりを送っていたのだろうと思われる。

そんな今日、ちょっとご無沙汰している 古い友達に電話をしてみたりしながら考えた。

知り合いを含めて一体どれほどの人と言葉や考えを交わし、親交をかわすことが出来るのだろう?

本当に親友と呼べる共は いかほどいるのだろう?

幸いにも 大切な友達はいる、

f:id:michimichi141:20180501131443j:image

もう何年も前に フランス人の友達に、連れられて彼女の育ての親のいる コルシカにある老人ホームに面会に行ったことがあり、友達は自分の親友だと 私を紹介してくれた。

その老夫人はたいそう喜んで私を何度もハグしてくれ、彼女に「いいかい、友達は沢山いてもそれが 価値があることでは無い、本当の友を持っている事が大事な事だよ」と何度も彼女に言っていた

日本語にするとあまりステキな響にならないけれど  クァンテテ(数)じゃないカリテ(質)だと韻を踏んだ言い方と その老婦人の友達への愛おしそうな態度が いたく心に残り  その時の古く 穏やかな光にあふれた老人ホームの光景とともに 時々思い出す。

 

改めて全ての 出会いに 感謝。

 

THANKS 謝謝 Grazie Merci